お金のパーソナルコーチ

銀行員を30年以上経験してきて、今だからこそわかるお金との付き合いかたを残していきたいと思います。素朴な疑問へのご質問受け付けます

銀行で運用商品を買ってはダメな理由

理由=コストが高いから。

そこにつきますね。

ではなぜコストが高いのでしょう。

もちろん人件費が高いということもありますが、暴利をむさぼっているわけではないんです。

そもそも銀行には投資初心者が多く、金融知識も乏しいお客様が多いことから、基本的な金融知識を説明しなければならないし、小額から始めるお客様が多いため、単価が低いことがあります。

さらに営業員が無理な販売をしないようにコンプライアンスや監視の制度が過度に充実していて、そのコストも運用商品の収益で賄わないといけないのです。

 

さらにここからが最大の問題なのですが、銀行にお金を支払ってくれない人たちに対するコストも運用商品の収益で賄わないといけない構造になっているからなのです。

普通の預金者がこの人たちに該当します。

今や(というより随分前から)金利はゼロとなりマイナスとなりという環境なので預金から得られる収益はありません。

にも拘わらず、預金にかかるコストは預金保険料という保険代、ATMにかかる費用、コンビニATMに支払う費用、通帳にかかる費用、預金残高の管理にかかるシステム費用などなどたくさんの項目でコストがかかっています。

これをどの収益で埋め合わせするかというと、運用商品収益とローン収益ということになり、実際にかかるコスト以上のコストを付加することになってしまうのです。

自社の利益を大きくするために高い手数料を頂いているわけではないのです。

 

逆の見方をすれば、資金もあまりなく、金融知識もあまりない人にとっては、赤字取引にも関わらず丁寧な対応をしてもらえて、いろいろ教えてもらえるという点でありがたい場所なのではないでしょうか。

または、多少手数料は高くてもいいから、ネットで取引出来ないし、人が目の前で説明してくれた方が安心できるという方は、銀行店舗で取引してもいいと思います。

 

ただ、信託報酬が1.5%とかもある投資信託を20年間の長期運用すると、ざっくりでも30%くらいは手数料で支払うことになるという現実を理解してからの方がいいです。

 

本気でお金を守りたい、お金を増やしたいと思うのであれば、銀行で運用商品を買ってはダメということになってしまうのが現状です。

なぜウェルスナビなのか

単に目新しいということじゃなく、

お金持ちがいろいろな変動要因から資産を守ることを目的に始まったのが、【長期分散&リバランス】と認識してます。

それが庶民レベルにまで広がってきたのが、証券や銀行が取り扱っている【ファンドラップ】と言われるもので、5つぐらいのリスク許容度の中から自分の好きなものを選んでもらって、あとはお任せとなります。

 

ファンドラップはいい商品なんですが、ネックは「手数料が高い」こと。

とにかく営業職員が販売する商品は手数料が高すぎると思うんです。

超富裕層の多額の資金を管理する手法を小口化するので、ある程度高くなるのは仕方ないんですが、世界が低成長の中、2%以上の手数料は高くて、運用益が手数料に持っていかれてしまうことになりかねないくらい高い。

N証券のファンドラップなどは、投資先がN証券のファンドだったりするので、いったいトータルで何パーセント手数料を払っているのか?と思ってしまいます。

それがウェルスナビは【1%】の手数料です。

手数料としてどうでしょうか?

それでも十分に高いと思います。

長期運用をするので、20年運用すると約20%を手数料で支払うこととなってしまって、30%増加しても手取りは10%となってしまいます。

 でも銀行や証券のファンドラップより【はるかにマシ】なので、既にファンドラップを持っている人は3連休明けに大急ぎで乗り換えましょう。

その際、リスク許容度が低いコースにすると手数料で負けてしまうので金額を少なくしてもいいのでリスク許容度3以上が肝です。

巷のファンドラップや投資信託も同様です。

世界的な低金利下において、債券運用ではリターンが期待できない中、債券割合の高いファンドに手数料(信託報酬)を多く支払うのは金融機関のために運用しているようなものですから。

 

ちなみに私のウェルスナビは12月20日に1,000,000円預け入れで、25,000円ほど増加しています。

但し、この間の日経平均株価は5%以上上昇したので、パフォーマンスは半分といった感じ。まあ、結果論ですから気にしないことです。

手数料も1%で年間10,000円なので、この程度ならいいかと思っていますが、これ以上残高を増やして手数料を支払うつもりはありません。

そのうちコロナで銀行が悪役になる

 

コロナの影響で昨年の貸出金残高は大幅に増加したようですが、これから更に業績が悪化した場合にどこまで貸し続けることが出来るのかという問題が顕在化してきます。

給付金にも限界があるだろうし、あとは自助努力=銀行借入でということになると、借入できないところも出てくるでしょう。

バブル崩壊したあとの処理の過程で貸金ってなんだろう?って思ってましたが、同じようなことにならないか危惧しますね。

金利で1%程度しかもらってないのに、「会社を生かすか潰すかの判断を突き付けられる」ことは違和感しかありませんでした。

リターンに対するリスクが大きすぎるんです。

お金がある以上、ボロボロの会社でも倒産しないからなんでしょうけど、貸金において、借換や折り返しが商習慣になっているため、期日の認識が低く、期日に返済してもらうという当たり前の行為が「貸し剥がしだ」とかと言われ非難されてしまう。

赤字体質から抜け出せない企業は返済どころか追加借入しないと倒産してしまうので、さすがに追加借入は無理になってくる、そして「銀行に潰された」と恨みを買う。

 

ルール上は損害を被るのはまず株主であるはずで、債権者は均等のリスクのはずなのに、「悪いのは銀行が貸したからだ」と言われ、(事実そうである部分もありますけど)一番最後の債権者、下手をすると先に債権放棄を要請されて、誰よりも先に損害を被る存在となってしまう。

それがダメというんじゃなくて、そうゆうルールなら最初からそうゆうルールとして位置づけしてくれないとビジネスとして成り立たないしと思うんです。

確かに銀行は金持ちではあるけど他人のお金ですからね。

 

ミライのことは誰にも分からないとはいえ、すべての企業がコロナを乗り切れるわけもなく、倒産する会社も出てくると思いますが、それは銀行のせいじゃないと思うんです。

期日に返済を求めるのは「悪の行為」と言われたら、そもそも期日を定めた契約って何?ってことになってしまいますから。

 

もう銀行員じゃないのでどうでもいいんですが、企業の存続を決定するのは銀行じゃなく、顧客であり経営者であってほしいものです。

 

住宅ローン金利は低いのが一番

住宅ローンの続きです。

前回金利は低い方がいいと書きましたが、特に元本金額が大きい最初の方で金利が低い方がトータルの利息が少なくて済むのでお勧めしているわけです。

 

現在、フラット35金利は概ね1.31%、優遇▲0.25%を利用した借入金利

1.06%です。

確かに35年間も固定金利で1.06%は低いし、金利が高くなる心配もしなくていいので安心できると思います。

ただ、現在のネット銀行の変動金利は0.4%程度で、目先だけ見ると安心料として

2倍以上の金利を支払っていることになります。

 

下記に4000万年を25年ローンの場合の組んだ場合の例を記載していますが、

最後まで0.4%のままなら当然、変動金利の方がいいに決まってますが、5年ごとに0.4%ずつ金利が上昇した場合においてもトータルの支払利息は84万円も変動金利の方がお得ということになります。

最後の金利が固定金利の2%以上になってるのにです!

ここからは持論になりますが、そもそも自宅購入は家賃相当額を25年程度の支払いで完済できる程度のローンで買える物件にすることだと思っています。

それ以上だと「ぜいたく品を借入で購入するようなもの」となってしまって、将来の収入を利息支払いに充てることになってしまいます。

 

家賃13万円の部屋に住むつもりなら、毎月の返済額13万円の25年返済の時の借入元本は約3500万円程度となるので、それくらいの物件にしておくと贅沢ではなく必要な支出ということになるのではないでしょうか。

 

借換とかめんどくさいですが、元本が大きい借入は大きな効果がありますから、

この年末、外出自粛の中、借換を検討してみてはどうでしょうか。

f:id:kky1205:20201224205404p:plain

 

住宅ローンを賢く借りるには

f:id:kky1205:20201219125833j:plain

昨日、住宅ローンについて聞く機会があったので、住宅ローンを賢く借りる方法について考えてみたいと思います。

いまコロナで返済が困難となっている人の相談件数が増えていて7000件あるとか言ってましたが、それが通常に比べてどれくらい多いのか、コロナ影響の収入減少によるものなのか、無理のあるローンだったのか判断出来ないので何とも言えませんでした。

 

何が正しいのかなんて結果次第かと思うんですが、今住んでいる家賃と同額を支払って、65歳までに完済できるくらいのローンで買える家にするのがいいような気がします。

そのあたりの議論は別にして、家を買ってしまって住宅ローンを借りる場合に「賢く借りる」ことに焦点を絞って書いてみます。

 

どこで借りるか

結論:金利が低い銀行で借りるのが一番です。

「購入する不動産業者に勧められた」とか「生活口座に使っている銀行にした」とか「知り合いに紹介された銀行にした」とか結構あるんですが、一生に何度もない多額の借入ですから、もう少し真剣に検討したほうがいいと思うんです。

もちろん手数料や保証料を含むベースで、一番安い銀行がベスト。

あとで書きますが、出来れば普段使う銀行とは別の銀行で借入することをお勧めします。

毎月振替が面倒と思うかもしれませんが、今やスマホで一瞬で資金移動出来る時代です。月に1度の作業でローンを借りている意識を持つのも悪いことではありません。

そうなるとネット銀行がいいんじゃないでしょうか。

ジャパンネット銀行(まもなくペイペイ銀行)なんて変動金利で【0.38%】です。じぶん銀行とかも低いですからぜひ調べてみるといいと思います。

住宅ローン借入するのに「名が通っているかどうか」とか関係ないですから。

(街金は住宅ローンやっていませんから)

変動金利か固定金利

結論:低い金利がいいと思います。

これは多くの人が悩まれるポイントですが、結局「将来の金利上昇の可能性をどう捉えるか」ということかと思いますので、それぞれの好みに合わせて選んでいただくということかと思います。

ただ、将来のことはだれにも分からないし、金利が上昇するということはインフレで価値も上昇し、収入も増加する?と考えると、わるいことばかりじゃなさそうですし、どうせ分からないなら今低い金利の方がいいということかと。

私は断然変動金利で低金利を享受することをお勧めします。

将来金利が上昇しても借入期間トータルで今の固定金利より低ければ判断が正しかったということではないでしょうか。

借入条件をどうするか

ようやく本題です(笑)

結論:借り入れ可能な最大の金額(上限5000万円)を最長の期間で借りる。

前提:住宅ローン減税を使う

住宅ローン減税は12月末のローン残高の1.0%が13年間も税還付される制度なので、金利が1.0%未満で借入していると差額がお得になるというメリットがあります。

(見直しが検討されているようですが、今はそうです)

つまり、13年間はローン残高を可能な限り多く保って、13年後に一部繰り上げ返済を行うのがお得度最大になるポイントです。

下記に事例を貼っていますが、4500万円の物件を3600万円のローンを組んで、毎月返済を13万円未満、ボーナス返済を20万円未満とした場合、金利が0.4%であれば借入期間は20年で完済可能です。(表の左側)

その時の13年後の残元本は1474万円、13年間のローン減税は330万円となります。

これを素直に借りるのではなく、借入を最大(4000万円とします)、借入期間も最長(35年とします)、ボーナス返済なしで申し込むんです。

そうすると毎月返済で22,807円、ボーナス返済で187,163円の余剰が生まれるので、これを返済口座に貯めておくと、12年間で777万円貯まります。

(生活口座と一緒にしておくと分からなくなってしまうので、別のローン返済専用銀行口座でやるといいです)

住宅ローン減税がなくなる13年後に自己資金で浮いた分400万年と貯まった777万円の1177万円を一部繰り上げ返済するという手順。

残元本はもともとの計画より40万円ほど多く残るものの、減税効果を含めると65万円もお得になるという算段です。

如何でしょう?

もちろん、途中で借入金利が上昇して予定通りに行かないこともありますが、1%以下ならOKですし、

・手元資金が貯まることで心に余裕が生まれる(これが大きい)

・別口座管理の中、支払金利を少なくしうようという気持ちが生まれる

・13年後にもっと繰上返済しようと思う

とかのメリットが出てくるんじゃないでしょうか。

借入の限度額いっぱいまで借りないと買えない家を買うのではなくて、余裕のある借入で買える家を買う、そして限度額いっぱいまで借入するということかと思います。

金利1%以上で借りている人はこの機会に借換を検討してみてはどうでしょう。

 

f:id:kky1205:20201219115118p:plain

 

ウェルスナビ入金してみた

f:id:kky1205:20201217211856p:plain

口座が出来たので早速入金してみた。

虎の子の定期預金を解約し、100万円を入金。

ウェルスナビのページから銀行を選んで入金すると振込手数料はかからずその場で入金確認される。

 その前に質問に答えて「リスク許容度」を決定しておく必要あり。

私は結果がリスク許容度「4」というかなり許容される結果だったので、少しビビッて手作業で「3」へ変更。

分散は上記の通り、株式が5割程度で米国株中心ってやつです。

投資先はすべて米国ETFなので、入金した夜間に買い付けが行われ、翌日の朝には上のようなポートフォリオが出来上がっているといった手順です。

ここがいいところですね。自分でひとつひとつ購入していたらすごくめんどくさいですから。

 

初日は一応、1000円程度のプラスでスタートしていましたが、まだまだこれからです。

あと、自分で目標金額と投資期間を設定出来るので、目標150万円、期間15年で入力してみると上のように「100万円の投資が65%の確率で15年後に150万円」となるらしい。

 

このことからもわかるとおり、結構手堅い運用、年率3%程度を目指すということかと思います。

株式投資で大儲けしよう~」なんて考えている人には全く不向きで、長期運用で山あり谷ありしながら少しずつ増えていくことを目指す運用です。

あとは自動的に配当は再投資され、半年に一回リバランスしてくれます。

ほったらかし運用にピッタリです。

15年間、いくら下がっても絶対に解約しないつもりです。

65%に入れることを期待します。

あとウェルスナビとは利害関係ありません😅

ウェルスナビを申し込んでみた

一応試してみないと良さがわからないかと思いまして、新規上場を果たしたウェルスナビの口座開設を申し込んでみた。

 

簡単な質問に答えるとその解答に沿った運用ポートフォリオが出てきて、あとはその通りにお任せってサービス。

長年銀行員をやってたけど、ほとんどの人はこれでいいんじゃないかと思いますね。

きちんと自分で勉強して、相場動向も把握して、株式の個別銘柄の将来性を判断して投資家になる人は別だけど、みんなよくわからず投資商品を買うんだから、銀行や証券の営業員があれこれ言うのを聞くよりも、それならこうゆう商品がいいと思います。

 

内容はすごくシンプルで、分散割合に応じてメジャーな米国ETFに投資するってことです。

米国ETFは信託報酬がすごく安いので(0.03%とか)、日本の投資信託よりコストを安く出来るんです。

ちなみにウェルスナビの手数料は1.0%で、下記のサービスが受けられます。

自分でこれらを何年間も継続してやるのは、かなり手間がかかるので1%は安いものなんではないでしょうか。

金融商品の選定

②商品ごとの購入額の決定

③資産の購入

④毎月の積立

⑤資産のリバランス  →大事です

⑥税金の最適化

来年からはNISAにも対応してくれるようなのでまだNISAをやっていない人はぜひセットで申し込んではどうでしょう。

ほんとうにいいものが安い手数料で庶民にも届くようになったと思います。

つみたてNISA、iDeCoをやって、さらにお金がある人はぜひ試してみては如何でしょう。

これまで銀行・証券に高い手数料を払ってきたのがバカバカしくなるかもしれません。

 

ちなみにマイナンバーカードがあればこの手の口座開設時にとてもスムースです。

なお、ウェルスナビとは利害関係ありません。